剥離洗浄工法

PEERING

ため池底質土の
分級減容化除去工法

剥離洗浄工法概要
剥離洗浄工法概要
ため池 断面イメージ

ため池 断面イメージ

除染作業においては、放射性物質濃度の高い(8,000Bq/kg以上)、池底表面の底質土を除去する必要があります。
剥離洗浄工法とは、水上に浮かべた台船から底泥の表面を吸い上げ、放射性物質を含む泥を取り除いて水と泥を分離させる工法です。
当社開発の特殊な機材で、水底の泥をかき混ぜたり広げたりせず施工をすることが可能です。

ため池底泥
処理の流れ

作業の流れ

flow

写真はマウスホバーで一時停止
クリックで拡大
写真の左右をクリックでページ送りができます

工程全体像

工程全体像

台船から底泥の表面を吸い上げる

台船から底泥の表面を吸い上げる

水底に触れるのは吸引装置の先端部だけなので、池底の泥をかき混ぜたり広げたりしません。

施工の様子

施工の様子

1.底泥の浚渫

水上に浮かべた台船から、底泥の表面を吸い上げます。底泥表面の撹拌・拡散を抑えて施工します。
台船は完全に浮いた状態で、底に触れるのは吸引装置の先端部だけなので、池底の泥をかき混ぜたり広げたりしません。
これらの施工技術は、早稲田大学やJFE環境株式会社等、関係各団体と技術協力を行って開発した当社独自の技術です。設備・特許情報へ

工程全体像

工程全体像

エジェクター

エジェクター

エジェクター自体は小型でスペースを取りません。この中で吸い上げた泥水が激しくかき混ぜられ、小石や砂などに付着した泥を落としていきます。

構造イメージ

構造イメージ

2.剥離洗浄工程

吸い上げた底泥を高圧水流で加速し、エジェクターに圧送します。エジェクターを通過する際に粒径の大きい砂礫(砂や小石)は激しい衝突を起こし、砂礫に付着した泥が分離します。

工程全体像

工程全体像

分級機

分級機

構造イメージ

分級された砂の様子

放射能濃度が低くなっています(過去実績:100~3,000Bq/kg程度)

3.分級工程

2の剥離洗浄工程から送られた砂礫と濁水を、ふるい機で分級します。

  • 砂礫:2の剥離洗浄工程で、泥が洗い落とされている
    → 放射能濃度:8,000Bq/kg 未満
  • 濁水:底泥中の大半のセシウムが吸着したシルト粘土を含む
    → 放射能濃度:8,000Bq/kg 未満
    → 4.凝集沈殿工程へ
工程全体像

工程全体像

水処理器

水処理器

3の分級工程から送られた濁水に凝集剤を添加してかき混ぜます

水処理器

水処理器

3の分級工程から送られた濁水に凝集剤を添加してかき混ぜます

凝集剤

凝集剤

濁水は凝集剤を添加することで、透明な上澄み水と、濃縮された泥に分離されます。

4.凝集沈殿工程

3の分級工程から送られた濁水に凝集剤を添加し、水と泥を分離します。

  • 沈殿濃縮した泥 → 5.脱水工程へ
  • 上澄みの水 → 6.処理水の放流へ。
工程全体像

工程全体像

脱水工程

脱水工程

  1. ろ布を濁水を入れた水槽に設置
  2. ろ布から水を真空吸引
  3. ろ布にケーキが形成される
脱水工程

脱水工程

  1. ろ布を水槽から引き揚げ、気中で乾燥させる
  2. 吸引とは逆に送気することで、ろ布からケーキを落とす
真空吸引の様子

真空吸引の様子

気中乾燥の様子

気中乾燥の様子

ケーキ回収の様子

ケーキ回収の様子

加圧脱水

加圧脱水

回収したケーキは、さらに自重による加圧脱水を行い、自立可能な水分量になります。

所定場所に保管

所定場所に保管

5.脱水工程
(膜式真空脱水装置)

4の凝集沈殿工程から送られた濃縮泥の中に、ろ布をとりつけたドレーン管を沈め、水を吸引・脱水します。ろ布に凝集した泥が張り付いて、乾燥させるとケーキ状になります。ドレーンから吸い上げた水は6の処理水の放流へ。

工程全体像

工程全体像

処理水の放流

処理水の放流

6.処理水の放流

4、5の工程で発生した水は、検体を採取し放射能測定を行います。
また、毎日濁度を確認した上で池に戻します。